『自分の価値を高めること』を求め、ゼロイチの事業創造にこだわる自責人材のワークスタイルとは(株式会社ゼロワンブースター 冨田さん)

インタビュー動画をご覧ください!


インタビューを受けてくれた方

会社名 株式会社ゼロワンブースター
インタビュイー 冨田 到さん
取材日 2020/10/15
『社会の中で、自分のオリジナルな価値を創っていく』ことをテーマに、全力で事業のゼロイチフェーズに関わり、事業家、起業家と共に悩み、苦しみながら、事業を生み出すお仕事を担当されています。
大手化学メーカのセールスからキャリアをスタートさせた後、ゼロイチの事業創造に興味を持ち、大手企業の枠を飛び出し、ゼロイチフェーズのスタートアップベンチャーへの転身を考え始めたそうです。しかし、なかなか、ゼロイチフェーズでのポジションとの出会いがない中、ゼロイチを支援する現職と出会い、転職を決意。現在では、スタートアップ企業への支援のみならず、大手企業の新規事業開発の支援なども通じて、新しい事業が、まさに生まれる瞬間を、幅広い領域からサポートするお仕事を担当されています。

インタビューを終えて(取材後期)

今回インタビューをした冨田さんを、一言で表現しますと、【自責人】という言葉が、とてもピッタリします。
ゼロイチフェーズの事業開発に興味を持たれたお話からはじまり、現職でのお仕事のお話、個人のワークスタイルのお話に至るまで、全てに一貫して、【自責】という単語が背景にあるように感じました。インタビューの中では、『自分がやりたい軸を持って、会社と一緒に成長していきたい。』とお話されています。あくまでも、自分のやりたい軸があって、その延長線上に仕事をする会社を観ているという印象を受けました。
インタビューの中では、冨田さんが大切にしている、以下の3つのワークスタイルについて、お話をしてもらっています。

・新しいサービスを作りたい
・技術的に成長したい
・個人の裁量で仕事がしたい

冨田さんのお話を聞いていると、冨田さんの奥にある一貫した、自己実現への強い想いや、社会と自分との関係=自律といった思想を感じることができます。。
しかし、それは決して、“孤高の一匹狼”という印象ではなく、インタビューを通じて、【出来ることが増えること】=【自己の成長】=【会社への貢献】という順番で考えられていると感じました。
冨田さんの今回のインタビューでのお話は、『技術的に成長したい』と考えている方には、是非、聞いていただきたい内容です。
個人のワークスタイルは、人それぞれですので、違いもあると思いますが、スキルを高めたいと思っている方には、この冨田さんのお考えの中には、きっと参考になる部分があるのでは?と思えるインタビュー内容です。

この会社について

日本を事業創造できる国にして世界を変える。

株式会社ゼロワンブースターは、事業創造を加速することを使命とし、活動している組織です。ビジョンである「日本を事業創造できる国にして、世界を変える」につなげていくために、具体的には、コーポレートアクセラレーター、イントラプレナーアクセラレーター、統合型オープンアクセラレーター、社内事業開発教育プログラム、地域起業家向け教育プログラム等々、様々な取り組みを事業として提供しています。

会社情報

名称 株式会社ゼロワンブースター
業種 その他
業種詳細 経営コンサルタント業
設立 2012/03/22
代表者 鈴木規文
資本金 30,050,000円
事業概要 起業家支援、コーポレートアクセラレータープログラムの提供他
従業員数
所在地 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル 10階
公式URL https://01booster.co.jp/

こんな動画も観られています

0
  1. 顧客として関わっていたら、自分もメンバーに!?ベンチャーで、サ…

  2. ベンチャーキャピタルで仕事をしていたら、自分でもやってみたくな…

  3. 『自分の価値を高めること』を求め、ゼロイチの事業創造にこだわる…

  4. 自分の理想のエンジニア像に近づくために『自分の世界を広め、深め…

  5. 元昆布漁師のインフラエンジニア!『チームで大きな仕事をした達成…

  1. 顧客として関わっていたら、自分もメンバーに!?ベンチャーで、サ…

  2. ベンチャーキャピタルで仕事をしていたら、自分でもやってみたくな…

  3. 『自分の価値を高めること』を求め、ゼロイチの事業創造にこだわる…

  4. 自分の理想のエンジニア像に近づくために『自分の世界を広め、深め…

  5. 元昆布漁師のインフラエンジニア!『チームで大きな仕事をした達成…